自家製ビター仕込んでみました

f0014379_21213961.png
Bitters: A Spirited History of a Classic Cure-All, with Cocktails, Recipes, and Formulas


という本が面白すぎ。影響を受けまくったので早速実験に・・・

まずはシンプルな柚子ビター。フレッシュだけではなくドライのピールも使うのが定石のようです。まずはスパイスは入れずに柚子ピールのみ。美味しいけどやっぱり深みがないというか、味気ない・・・・脇役のスパイスが必要ですね。この本を読んでなおさら実感。

そして今年のイチゴのカクテルに使用するためのラベンダービターを仕込みました。
この本にはラベンダービターの作り方は載ってないのですが、穴が開くほど読んでみるとなんとなくやるべき事が見えてきました。
ラベンダーの味が前面に出るのはもちろん、イチゴと相性のよさそうなスパイスを加えて奥行きのある味わいを目指します。今回は40度のウォッカにラベンダーを大量に入れます。そこに少量のスターアニス、ブラックペッパー、コリアンダーシード。どれもイチゴとの相性は抜群です。若干のシンプルシロップを入れるのも定石のよう。二週間後に漉して完成。今回はスロークックの工程は省きます。是非楽しみにしてください。
明日はマティーニに加えるビターの作成に入ります。

PS海外研修レポートですが、今思えば衝撃的に写真を撮っておらず、文章だけのレポートになりそうなのでちょっとナーバスになっております。

[PR]
by leclub-matsuyama | 2014-12-01 16:13
<< 本日の仕込み 本日より店内freeWi-Fi... >>