<   2006年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

徐々に李白が出来つつあります

工事も進んでいます。新「李白」のテーマは
「魔都上海のBAR]
租界時代の上海、「魔都」と呼ばれる上海の夜の街には租界によって中国人と白人が交錯し、甘く危険な香りを醸し出している。
バックカウンターに掲げられた「月下独酌」の水墨画、2Fと3Fの異なる雰囲気も魅力です。

ルクラブはコンフィチュールが入荷。メニューには載ってませんが、ルバーブのコンフィチュール、赤スグリのコンフィチュール、ミラベルのコンフィチュールが入荷。僕の一押しパッションフルーツとチョコレートのコンフィチュールも連続入荷です
f0014379_1730563.jpg

 「ジャムの妖精」とたたえられるマダムフェルベール フランス アルザス
[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-01-31 15:21

三番町「李白」は今日が最後!

最近要望の多いアイスワインと貴腐ワインを大量入荷。
どれもハーフボトルなので、気軽に楽しめると思います。
ブルーチーズとあわせて楽しむのもよし。生ハムとあわせるのもよし。
ル・クラブのチーズたちはプラトゥーにしてますので、冷蔵庫に入れっぱなしのチーズとは違って、あからさまに塩とアミノ酸が浮き出てます。これを口に入れ、甘口ワインを流し込めば天国です。
前にお伝えしていたチーズ「クラッハーグランクリュ」は間抜けな業者のせいでキャンセルになりました。
f0014379_17101815.jpg

貴腐現象が起きた葡萄。ボトリチスシネレア菌によって高貴なる貴腐現象が起きるのです。

ル・クラブの中国茶にブレンドが登場。ブレンド内容は割とすごい。ダイコウホウも入ってます。しかも値段も手ごろで楽しめます。マグカップでのご提供のみです。700円なり。

今日のinoアイスはキャラメルのアイスクリーム。大好評のアイスの第二段です。inoの勝ち誇った顔が目に浮かびます。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-01-29 17:11

売り切れ!

緑健トマトが一日で売り切れました。びっくりしました
トマト丸かじりも、究極のブラッディーメアリーも飛ぶように売れてしまいました。
次の入荷を待つのみ!よろしくですー

李白のオープンも近いです。皆様宜しくです。

PS M様、今日、セロリとキュウリ買って例のものをつけて試しましたよ。えー、結果は今度お伝えしますね
f0014379_2025174.jpg

[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-01-28 18:54

入荷!

緑健トマトが入荷しました。まだ味見してません。今からします。
このトマトを使用したブラッディーメアリーを待ち望む声がとても大きく
私たちも入荷の瞬間を待ち望んでいました。
f0014379_17104663.jpg

初めての方はまずはそのまま。丸かじりが基本です。そして「この人生に究極のブラッディーメアリーを刻み込みたい」という方は僕に言ってください。すごいの作ります。

今日、青果でトマト農園の石山さんと会いました。少し話をして「あ、そうだ、写真を撮っておこう」と思い、お店に帰ってカメラを持っていくとすでに石山さんは帰っていました。というわけで写真とお話のアップは次の機会ということで・・・
[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-01-27 17:10

李白オープンまであと20日

BAR李白のオープンは2月14日(火)です。
営業時間は20:00~4:00無休です
ルクラブより少し遅いので、うちのお店がオーダーストップになっても李白が開いているので大丈夫です。李白には料理があります。ピッツァ、パスタなどが深夜でも食べられます。

尚、今の場所での李白の営業は29日までです。ラスト李白も楽しんでください!

なかなかに忙しい日々が続いております。突っ走るしかりません。昨日コースターのデザインを終えて、今日はDMを作成して、印刷をします。内装もまだ本決まりじゃありません。やることが山ほどあります。ああ、美味しいフレンチが食べたい・・美味しいダイキリ飲みたい・・・時間を気にせずジャルダンの珈琲が飲みたい、次の日の体力温存を考えることなく筋トレがしたい・・・夢は叶うのか・・・・闘いは続く
f0014379_1516628.jpg

[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-01-26 15:16

ナントカいう人から電話あったで

フォンテーヌ・ド・ショコラがとても人気です。予約を続々頂いております。もし確実に食べたいと思うなら今すぐ予約を。
今のフローズンフルーツは、イチゴ、バナナ、ラ・フランス、キウイです。クラッカーも付きます

ル・クラビスト代表の一人であるWONG氏がフォンテーヌ・ド・ショコラの可能性にチャレンジ。
フローズンフルーツ以外にも何かあう食材があるはず!と自らの肉体を差し出しました。
フルーツトマト・・・うん、まあまあ
ショウガ・・・うわ、ショウガつよっ!
みかん・・・水っぽいから凍らせればオッケー
生ハム・・・塩味のチョコだ・・・・
乾燥イチジク・・・うん、まあ
ブルーチーズ・・・意外に美味しい
ウォッシュチーズ・・・何の味かわからない
シェーヴル・・・これはちょっと・・・
オリーブ・・・これはやばい
ハバネロ・・・汗が止まらない

革新的なものは見つからず・・・やはり通常通りのフローズンフルーツがよさそうです。



f0014379_19112040.jpg

[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-01-23 18:42

娯楽

今は人生で二番目に多忙な日々を送っています。
新「李白」のメニュー作成、内装、デザインを考えています。
2月14日オープン予定なのですが、急きょ決まっただけに思考が追いつかない状態です。
落ち着くまで突っ走ります。もちろんお店での仕事もがんばっています。見守ってください。

本屋で李白関係のものを探していたら意外と見つからない。ふと手にした本はジョルジュ・ド・ラトゥールの本。去年、国立西洋美術館で奇跡的に行われたラトゥール展にいけなかったことはずっと後悔するでしょう。いや、ロレーヌのジョルジュ・ド・ラトゥール美術館に行くという手もあるか。ま、どちらにせよ、最も好きな画家のうちの一人であることは間違いなく、死ぬまでにはもう一度真作を見たいです。光と影を操る画家は多いです。カラバッジョ、フェルメール、レンブラント・・・・その中でもラトゥールの表現する世界は他のそれとは違う何かを感じます。
とりあえずラトゥールの本を買って本屋を立ち去りました。寝る前に見るにはあまりにも暗い絵ですが、今のこの忙しさを吹っ飛ばす娯楽であることは間違いありません
f0014379_1616477.jpg

[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-01-19 16:16

石山家のキラートマトがアタックしてくる

ついに今年の緑健トマトの出荷が始まりました。
今年の味はどうだろう?毎年の楽しみで、お客様からも「まだなのー?」と問いかけられます。
食べたこと無い人は丸かじりで。慣れた人には緑健ブラッディーメアリー。一杯2500円を越しますが、ル・クラブの全てを出し切ったカクテルの一つでしょう。
トマト畑の青い香り。皮は硬く(旨みを逃がさないため)、その皮をかじると、中から瑞々しいジュースが溢れ、軽快な酸味、スイカのような甘味。後口にはイチゴのような風味が広がります。フルーツトマトは最近いろいろ出回ってきましたが、いくら講釈を並べたところでこれには勝てません。

しかしまだ入荷してません。入荷次第ご連絡いたします。
f0014379_1851531.jpg

[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-01-18 18:51

君はもう食べたか?

土曜日からスタートした新企画「フォンテーヌ・ド・ショコラ」。土曜日、日曜日と連続でご注文を頂きました。ありがとうございます。限定一組です。泣いても笑っても一組です。昨日はうれしいことにオープンと同時にオーダーが出ました。ちなみにお店のメニューにはまだ載せていません。
ル・クラビストを自負する皆さんは是非お試しください。チャーリーとチョコレート工場の気分で楽しみましょう!

お客様の話によると、偶然にも二日くらい連続でテレビでこのチョコレートのことをやっていたらしいです。東京の結婚式場やデザート専門店で流行っているということ。地方にはまだ少ないと言うことも放送していたようです。自称「パイオニア男」としては「ちょっと出遅れたな・・・」と思っていますが、まあそれはよしとしましょう。


あ、これはけっしてバレンタインに向けて用意したものではありません。ル・クラブはそんな迎合をするお店ではありません。知っているとは思いますが・・・
f0014379_15314467.jpg

[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-01-16 15:17

ついにヴェールを脱いだ

「フォンテーヌ・ド・ショコラ」
と名づけられたこの企画。頂上部から湧き出るチョコレート
そこにお好みのフローズンフルーツやクラッカーをくぐらせて楽しむ
まさにチョコレートフォンデュの最終形態!
一日一組限定。お値段なんと2500円(消費税別)
量が多いので数人でのご注文がベター
最初にこれを制すルクラビストは誰だ!?
f0014379_4355152.jpg

[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-01-14 04:35