<   2006年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

inoが行く

ただいま仕入れている生チョコレートの工房がバレンタインの過酷な生産のため、半月を過ぎた今でもその余波があり一般流通をストップさせています。近日中に再開されるようですが、それまでは入荷が出来ません。
というわけで今は「生inoチョコレート」がメインに躍り出ました。宜しくお願いします。
ハッチャット・グラニテもあります。ハーブばりばりです。

グレンギリーのカスクが入りました。シェリー樽長期熟成です。ギリー独特のラベンダーや新車の香りがシェリーの甘味と重なって重厚な味わいをかもし出しております。ヘビードリンカーの方にはお薦めですね。

限定の完熟金柑が美味しい!
ブラッドオレンジも徐々に味わいが変化してきてますね。さわやかなオレンジの味わいに加え、かすかにフランボワーズのニュアンスを感じ取ることが出来ます。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-02-28 20:10

inoが行く

本日のinoアイスクリームは「アホブランコ」のアイスクリームです。
密かにinoお手製「削るチョコレート」も復活。今回はビター仕上げです。

ブラッドオレンジが再入荷。
そして今のお薦めは「完熟金柑」です。
これはこのまま思いっきり食べることができます。
f0014379_1527256.jpg


パスタ対決も実施されます。
ル・クラブのヤングライオン「山口透」VS李白店長「矢野英則」
テーマは「李白をイメージしたパスタ」です。
詳細は近日中にアップします
[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-02-24 15:27

悪魔降臨

昨日ル・クラブに一本のお酒が届けられた。
ル・クラビスト代表の男からである。お酒の名前はある悪魔の名前である。
「このお酒の裏ラベルと読むとこんなことが書いてあるんです」
手負いの彼はそう言いボトルを差し出した。裏のラベルにこう書いてある。

「ゲーテ作「ファウスト」では、悪魔と契約する男の話が描かれている。
ところで、ここに一本の蒸留酒がある。何やら山梨県は勝沼町を中心に
収穫した甲州種葡萄の絞り粕を原料としている、いわゆるグラッパである。
これをちょっと口含むと、甘美で官能的世界が広がるという。
あたかも、己の魂と引き換えに望みをかなえようとしたファウストの人生のように。ちなみに、この悪魔の名は、メフィストという。」

あきらかにお酒の説明ではない。飲んでから全てを悟れと言わんばかりのラベルである。やる気があるのかないのか分からない。もしやる気があるのだとしたらこの製作者はかなり「あっち側」に行っていると思われる。

このお酒の正体はグラッパである。しかも原料は甲州種・・・そう日本のグラッパである。

このお酒を持ってきたル・クラビスト代表の男はこのお酒を二杯口にすると、突然何かに取り付かれたかのように「体が重い」と訴えだし「メガンテを唱えるもMPが足りない」との言葉を残し、お店を後にした。その後の消息は不明である・・・・
f0014379_19144599.jpg

メフィストがピンと来ない方のために辞書で調べたことを書いておきましょう
メフィストフェレス (Mephistopheles)。
ギリシア語で「光を愛せざるもの」(「愛すべからざる光」)の意味である。
ドイツにて伝えられる悪魔。姿はグリフォン、或いはドラゴンに似るという。また、黒い毛に覆われている。老人、或いは紳士の姿で現れる事もある。
錬金術師であり死霊術師のファウストはこの悪魔を己の魂と引き換えに召喚したとされる。また、その伝説をもとにゲーテは戯曲ファウストという大作を書いた。 他の呼び方にMephistphelesという呼び方もある。地獄の大公の一人。空飛ぶ魔神と呼ばれ天文学・占星術・気象学に長けている。炎と幻を操り二匹のドラゴンのひく馬車に乗っている時もある。見えないところから人間を誘惑し悪徳へと導こうとする。
しかしながら、地獄に堕ちたことを後悔しており、努力次第で天界に行ける人間をうらやましがっているという。最後の審判に許されて天界に戻る日を待ち望んでいるという。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-02-23 19:14

なんとヒューガルデン醸造所操業停止です。     ジュピラー醸造所に移行とのこと・・・

生産者が大手企業の波に飲まれることは多々ありますが、今回のはわりとキツい・・・・
どうなることやら。まあ自分たちに出来ることを考え、この時代に生きたことを考えれば少しは納得できるかな。生まれ変わりの味わいも楽しみにしましょう!

ルクラブのトップページ(ムービーではなく次のページ)にBGMがつきました。「ああああ」と入力してしまいそうな音楽です

今年のデコポンは多少酸味があります。逆にカクテルには使いやすく、甘酸味のバランスが取れたカクテルが仕上がります。
ブラッドオレンジもすぐに売り切れています。
ペリカンマンゴーも人気が出てきました。アップルマンゴーなどに比べると、かなり穏やかな味わいです。
緑健トマトのブラッディーメアリーのオーダーが年々増えております。一生心に残るブラッディーメアリーと評される事も多く、とても嬉しく思っております!

フォンテーヌ・ド・ショコラも予約が殺到しております。ご希望の方は早めに体験することをお薦めいたします。最近、TVなどでこのことが流れているそうです。時代先取り!お手伝いいたします。

ハードリカーのメニューを一新しました。例の、あの、禁断のウイスキーがメニューに載りました。
f0014379_15425917.jpg


花粉症が今日から特にひどくなりました。雨なのになぜでしょうか?
8割の人に効果があるという注射が効かず、甜茶、紫蘇も効かず、去年は鼻の粘膜を焼くレーザー手術をしたにもかかわらず全く効かず・・・毎日キツい薬を飲んで眠気と闘いながらがんばるしかないのか!?特効薬はないのか!?一般的に言われている療法は効かないと見ました・・・思えば小学校のころからのキャリアーです。まだこの世に「花粉症」という名称さえ存在しなかったころからのキャリアーです。今は鼻水出てても「花粉症ですから」といえば特に不思議がられませんが、多感な小学校時代に鼻水たらしてたんで単なるいじめ対象でしたよ。こんな汚いヤツなんて本当にクラス中無視でしたよ。ほんと無視。俺はアレか、石ころ帽子か!まあそんな時代をすごしかたらこそ今があるんでしょうけどね(ほんとかよ)。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-02-22 15:40

スープカレー対決!

ル・クラブの神の子「ino」と、李白の料理担当「茅根健一」がスープカレーで対決をすることになりました。スープカレーといえば北海道発祥の料理。いまや専門店まで出来ている人気メニュー。首都圏ではバーにスープカレーを提供しているお店も普通にあります。
ブームは過ぎ、定番メニューになった今、あえてその味わいを求める勇者がここで激突します。
そしてお互いが「俺のほうが美味い!」と豪語し、その味わいだけで勝負することになりました
f0014379_2017145.jpg

試合前コメント
井上卓「君の出る幕ではない。茨城の山奥に帰ってインゲン豆の栽培でもしながら静かに暮らしてればいいさ」
茅根健一「僕に勝てるって!?はっはっはー、最高に面白いぜ!ここがアメリカなら一等賞のアメリカンジョークだぜ!君には下町のゲーセンで待ちガイル相手にキレて筐体を叩いてる姿がお似合いだぜ」

日時は未定。営業終了後に行われる予定です。
制限時間は10分。時間内にスープカレーを仕上げ、審査員に目隠しで食べてもらうという手法をとります。朝方にスープカレーを食べることに疑問を感じる人もいるかもしれませんが、それはさておき、この勝負を見届けたいと思います。

ちなみに、今はスープカレーのレトルトが出回っています。当日は二人のスープカレーに加え、レトルトのスープカレーも審査対象になります。というわけで井上卓VS茅根健一VSレトルトスープカレーの三つ巴の戦いになります。もしかして二人の魂のスープカレーはいとも簡単にレトルトに屈してしまうかもしれません。楽しみです。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-02-18 18:34

魂の大量入荷

モルトとバーボンが大量入荷!
今回は気軽に楽しめる味わいが多いです。この最近はスモーキーでハードなものが多かったですからね。気がつけば棚にあるスコッチの三分の二がアイラでした。
中でも期待が「ブレットフロンティアウイスキー」です。僕もはじめて飲みます。トムブレットによってレキシントンに建てられました。ケンタッキーの牧場主のプライベートバーボンとして飲まれているようです。そして本国アメリカでも入手が困難と聞きました。少し前までは海外では日本とフランスのコンコルドホテルでしか飲めなかったという代物。今日の仕事後のテイスティングが楽しみ。


今日、湊町の「香十」で白檀と伽羅のお香を買いました。李白でも使えそうな香りですね。うちのお店には似つかわしくありません。あ、そういえば、今度面白いもの入れます。明日か明後日には入荷します。女性よりは男性のほうが知らないもの。そしてバーテンダーならば名前は知っているけど現物を知らない人が多いものです。さてなんでしょう。まあさほど珍しいものではありませんが、僕も「どんなものだろう?」と思っていたものなので、その謎が解けます。そうですねぇ・・・たとえるならば、グレイハウンドというカクテル(ウォッカのグレープフルーツ割り」を知っていても、グレイハウンドという犬がどんな見た目の犬なのか知らないバーテンダーも多いのではないでしょうか?そんな感じです。
f0014379_19123521.jpg

[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-02-17 19:11

雨の日もいいものです

ルクラブはまた「新たな計画」を思案中。新しいメニューに加わるのか、それとも計画倒れになるのか・・まだ分かりません。常に前に進みます!

李白がオープンして今日で三日目。かなり多くのお客様にお越しいただいております。ありがとうございます。

これでやっと自分の時間が少しもてます。香道の本を買いました。
全く予備知識が無いのですが、昔から興味があったんです。
実際に席に立つのは難しいとは思いますが自分の中で何かを感じました。
ゆっくり勉強してみます。乱暴な言い方をするとしたならば、和風ブラインドテイスティングといったところでしょうか。
f0014379_15244727.jpg

辞書によると
香道とは、香りを楽しむことを基本とした芸道で、一定の作法のもとに香木を熱し(炷(た)き)、立ち上る香りを鑑賞するものである。
同時に、香席に飾られたり、手前に使用する美術的要素の高い道具や、組香の記録紙もまた香道の世界では大きな位置を占めていることから、総合芸術とされる。

そして今は漢方薬も勉強しています・・・先ほど漢方薬局にてお話を聞いてまいりました。さて、僕はどこに行くんだろう・・・・
[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-02-16 15:30

ジャパニーズが熱い!

またしてもジャパニーズモルトが入荷予定。もちろんサントリーでもニッカでもありません。
一つは信州、もう一つは鹿児島のモルトウイスキーです。ハードドリンカーの皆様は期待してください。

ブラッドオレンジの売れ行きが好調です。緑健トマトのブラッディーメアリーも売れています。

最近、「お酒に対して熱いバーテンダー」に飢えています。しばらく研修にも行ってないし、県外海外の素晴らしいバーに触れていないし、いわゆる有名店ではなく、大会とかに出て名前を売ることに興味が無く、自分の信じた道を突き進んでいるバーテンダーに出会ってみたいです。みなさま、どこかでそういうバーやバーテンダーを見かけたらご一報下さいませ。
f0014379_15355769.jpg

[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-02-16 02:40

inoが行く

inoの新作チョコはかなり面白いです。バレンタインだからといって迎合はしません。
ブラッドオレンジが再入荷!緑健トマトも再入荷!
近日中にハードリカーを仕入れます!グレンギリーのハードなの探してるんですが、なかなか納得するものに出会いません。誰か知りませんか!?

ついに李白がオープンしました!ありがとうございます。
写真をアップしようと思いましたが、見てのお楽しみにしたいので後にします。
みなさまルクラブ、李白をどうぞ宜しくお願いいたします!
[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-02-14 20:12

明日オープン!

多忙すぎて日記かけませんでした・・・・
明日が李白のオープンです!宜しくお願いします!
[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-02-13 15:12