<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

本日のお勧め

柑橘類が美味しいですね!今、ようやく待ちに待った「デコポン」「せとか」が入荷!ウォッカと合わせたりジンと合わせたりシャンパーニュと合わせたりと楽しいです。

辛いものが苦手な私ですが、そんな私が決死の覚悟で作った「ペペロンチーノのチョコレート」がついに完成のときを迎えます。京都で作られる「日本一辛い 黄金一味」を使用。クーヴェルチュールはかなりカカオ分が強いものを使用しております。
f0014379_19422460.jpg

[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-02-28 19:42

本日入荷

今年も森さんのブラッドオレンジが入ってきましたよ。
f0014379_18554926.jpg


「赤パプリカ」と「はるか」をミックスしたカクテルもメニューに載せました。
バルカンウォッカのスクリュードライバーは思ったほどきつく感じないので怖がらずに飲んでみてください。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-02-23 18:56

最近読んだ本に書いてあったことを抜粋させていただきます。

「あなたのパラシュートを詰めるのは誰?」

アメリカの海軍兵だったチャールズはジェット・パイロットとしてベトナム戦争に参戦していた。
優秀なパイロットだった彼は数々の作戦をこなしたが、75回目の出撃で敵の地対空ミサイルに撃墜された。そして墜ちていく中、危機一髪、パラシュートで脱出に成功した。

しかし、敵地のど真ん中であったため、その場で捕まり、投獄されて苦しい六年間を監獄で過ごすことになった。

やがて、ベトナム戦争が終結し、チャールズも無事に解放された。
そして彼は自分の経験から学んだことを講演して歩くこととなった。


それはある日のこと。彼が妻と二人でレストランで食事をしていると、別のテーブルにいた男が突然彼のもとにやってきてこう言った。

「あんたチャールズじゃないか! 空母キティホークからジェット機で出撃して行っただろう。撃墜されたんじゃなかったのか?」

チャールズは驚いて、
「いったい全体あんたは、なぜそんなことを知っているんだ?」

すると男は、
「あの時、おれがあんたのパラシュートを詰めたんだよ」

チャールズは深い驚きと感謝で思わず息をのんだ。

そして男は嬉しそうに言った。
「どうやらちゃんと開いたようだな」

チャールズは言った。
「もちろんだ。もしあの時あんたのパラシュートが開かなかったら、私は今こうしてここにいられるはずがない!」


その夜チャールズは一睡もできなかった。 あの男のことが頭から離れなかったのである。

彼は自分に問いかけていた。
あの男は空母の上でどんな格好をしていたのだろうか。 おそらく、ほかの水兵と同じように白い帽子を被り、背中に四角い背襟を付けて、ベルボトムのズボンを履いて・・・・・。

同じ海軍とはいえ、あの男は一水兵で自分は間違いなくエリートパイロットだった。 彼とも何度か顔を合わせていたに違いない。

しかし、「おはよう」とか、「元気か」と自分から声をかけたことが一度でもあっただろうか。
あるいは彼らの仕事に対して感謝の気持ちを伝えたことが、果たしてあっただろうか。

チャールズは今まで考えることすらなかった、ある光景を思い浮かべていた。
何十人という水兵が、船底に近い作業場の長いテーブルに向かって、毎日、何時間も黙々とパラシュートを折りたたみ、丁寧に詰めている姿を。
言葉を交わすことすらないパイロットたちの、しかし間違いなくその運命を左右する仕事を、彼らは黙々とやっていたのだ。

チャールズは言う。 人は皆、気がつかないうちに、誰かに様々なパラシュートを詰めてもらっている。 物理的なパラシュートだけではなく、思いやりのパラシュート、情緒的なパラシュート、そして祈りのパラシュートも・・・・・。


チャールズは思い返していた。
落ちていくジェット機の中で、必死の思いでパラシュートを開いたこと、そして投獄されてからの苦しい年月のあいだ、家族のことや友人たちを思うことによって、どれほど自分の心が勇気づけられたのかを。

(本文終わり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人間は一人では生きられない。みんなの助けがあって生きている。むしろ「生かされている」。この考えに反論する人は居ないと思います。そしてこのパラシュートの話からこの考えを連想するのは容易なことだと思いますが、僕はこの話の中に仕事というものの根本を感じました。パラシュートをひたすら詰めるという地道な仕事。その地道な仕事を「作業」ではなく「仕事」としてやり遂げている男の姿を垣間見ることができました。ひたすら詰めている間にも「誰がこのパラシュートを装着するか」と意識し思いを込めていた。当然スポットライトも当たらない裏方の仕事。誰に見られているわけでもない仕事。しかし彼は与えられたこの仕事を「ただ規定どおりに詰め込む」という流れ作業に成り下がるようなマネはしなかったのです。
以前うちで働いていた人間が「雑用は嫌だ」と言いました。彼にはお店を辞めてもらいましたが、従業員にはこの話の根本を理解してもらわなければいけないのだと改めて思いました。この従業員を責めるのではなく、それを伝えることのできなかった自分の落ち度であったと思います。あえて「雑用」と言わせてもらいますが、彼にとって掃除、洗い物、買い物などがいわゆる「雑用」なのでしょう。しかしまずはそこを経験し、その過程でカクテルを覚え、接客も学びます。人間完璧なわけではありませんので、失敗や挫折を乗り越えてバーテンダーではなく人間として成長していかなければなりません。彼が掃除、洗い物を「雑用」と呼ぶのであれば、僕に言わせると「シェーカーを振る」「マティーニを作る」ことも「雑用」になってしまいます。仕事の難易度はあっても仕事自体の優劣は無いのです。
パラシュートを積み危険と隣りあわせのジェット機で飛んでいくパイロット。そのパラシュートを心を込めて詰め込んだ一水兵。お店のメインでカクテルを作っているバーテンダー。お店に入ったばかりで当然カクテルなど作ることができず洗い物を任されている新人バーテンダー。みんな同じ重さの仕事をしているのだと改めて実感しました。
ん、もしかして僕はとてもいいことを言ってしまったのかな?
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-02-22 20:03

最近の傾向

メニューの「コラム」のコーナーに前回訪問した柑橘畑の様子を追加しました。このブログで載せた内容と同じです。そして前回このブログに載せて反響を呼んだ「犬の十戒」も載せることになりました。

工芸茶を8種類仕入れました。まだテイスティングをしていないので近日中にテイスティングしてメニューに載せたいと思います。しかし8種類のテイスティングってけっこうな重労働かも・・・・

この時期のフルーツトマトは徳谷トマトです。「徳谷トマト+セロリ塩+ポナペ島の胡椒」を使用した「飲むサラダ」徳谷メアリーを楽しんでください。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-02-19 18:01

仕込み終了

スミレのチョコレートを仕込みました。月曜日に切り分けてご提供いたします。高カカオの仕上がりですよ。

シャンパーニュなどが入荷。あるシャンパーニュは二回目の入荷。もしかしてこれは新しい次代を担うシャンパーニュか!?この銘柄って実際マイナーなのかな?
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-02-17 05:01

新入荷

新しいビタースが入ってきました。
ゴードンが新ラベルになって味が変わってしばらく経ちますね。これを受けて試行錯誤を繰り返して新しいゴードン向けのバランスのカクテル作りに勤しんできましたが、今回このオレンジビタースが安定して輸入されるようであればメインに使用できることが分かりました。ちょっとオレンジ風味が強いのですべてのカクテルにとはいきませんが、新ゴードンの植物フレーバーの欠如(コーディアルっぽい味)の補足になり、無理に旧ボトルを使わずともまとまった味わいにしてくれます。ただビタース単体の味見をしたところお酒自体の風味の変化は通常のお酒より早そうな気がします。ある程度ストックしてガンガン使わないと難しそうですね。
リーマーシュミットもいい仕事してたのですが、これは衝撃!
今五種類のビターがありますが、カクテルによって使い分けます。「これにはどのビターが合うかな?」って思いながらビターを選択する時ってとても楽しいですね。ちなみにペイショーはなかなか使い方が難しそうですね。サゼラックがタキシードかな?
f0014379_33711100.jpg

実際味わったのはこれが初めてで、とある県外のBARのバックバーに置いてあったのを眺めながら「欲しいなぁ」と思っていた代物です。これを大量に入れたスタンダードに限りなく近いレシピの「バレンシア」なんて作ってみたくなりますね。カルバドスカクテルも、レシピどおりでちゃんと締まった味になってくれるのでは!?と期待をしてみます。

本日のチョコレートは
山口透によるヴァローナ・イヴォワール(ホワイトチョコレート」とカシスのチョコレート。オンスプーンで提供いたします。
そしてパート・ダマンド・エ・ピスターシュ(アーモンドとピスタチオ)をコーティングしてパトリックロジェに宣戦布告。久々のinoチョコです。
そして、まだ製作に入っていませんが、前回好評を得た「バリ産のピラミッド塩を乗せて食べるビターなチョコレートキャラメル」を予定しています。次回は自ら塩をキャラメルの上に乗せて食べてもらうという食べ方を提案いたします。中が空洞になっていて噛むとパリっとする心地よい塩の食感と柔らかい風味、ビターな大人の味わいのキャラメルを口の中で同時に楽しんでください。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-02-16 03:36

新入荷情報

旧ボトルのフォアローゼスを開封しました。
それほど昔のボトルではないのですが、開封直後からいい味出しています。
オールマイティーに楽しめるそのテクスチャーに人気が集まるでしょう。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-02-13 22:34

本日のショコラ

本日のショコラは・・・・
「グアヴァのピニャカラーダ」です。
グアヴァと生クリームを煮詰めてヴァローナ・ジバララクテとピュアカラウブに仕込み、冷蔵庫で冷やし固めます。半分固まった時点でココナッツをちりばめて再び冷やし固めます。後は切り分けで出来上がりです。出来上がるまで少し時間がかかりますが楽しみですね。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-02-13 19:41

本日のフルーツカクテル

今日は「はるみ」が入荷しました!
やはり美味しい!活き活きしたカンキツの味わいが楽しめます。
清見とポンカンのかけあわせです。大まかに言うとデコポンと同じですね。
写真上が「はるみ」で、写真下がシークヮーサーです。沖縄産ではなく愛媛産のシークヮーサー
ですよ!是非お試しあれ!
f0014379_19363577.jpg

今日も雑誌の取材がありました。今回も県外の方々向けの雑誌なので、愛媛を代表するみかんカクテルを載せることに。清見タンゴールのスクリュードライバーを作りました!もちろん僕の顔写真も載ります(たぶん)。詳細が分かればお知らせします。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-02-13 19:36

本日、日曜日も営業です!

新しいショコラを今製作中です。
一つのショコラが二層に分かれています。下の段がレイシ紅茶を生クリームに染み込ませたショコラ。上の段がピューレ状のライチを軽く煮詰め仕込んだ柔らかい食感のショコラです。今固めている最中です。後数時間したら取り出して切り分けます。

本日のお勧めは長らく輸入が滞っていたバルカンウォッカ(なぜか1000mlから700mlに変更)が手に入りましたので、それを使用した大変危険なスクリュードライバーです。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-02-10 19:16