<   2008年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今、到着!

岩城島のライムが到着!
全国的にも有名な愛媛産ライムです!
メキシコ産のようなスパイシーな香りは控えめ。
ジューシーでさわやか。柔らかい味わいです。
スタンダードのキリっとしたギムレットとはまた別の味わい。
ふわっと柔らかいギムレットがお勧めです。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-03-28 19:48

週末がやってきました

昨日出張で御越しいただいたお客様からとても興味深く、とてもいいお話を聞く。「お客様に教えられ人間として育てられていく」
いややはりバーテンダーとは本当に素晴らしい仕事だと実感。日々の何気ない日常からも自分という人間性を形成していく何かを得ている。「そんなこと分かっている」と思っていた事実だが改めて認識。バーテンダーという仕事の影響力、責任、人間力。自分という人間を振り返った。
そしてそのお客様からお酒にまつわるある話も聞く。
本当の事だとしたら衝撃の事実である。
本当の事だとしたら日本のバーテンダーに激震が走るかもしれない。
実際日本で出版されているお酒の本の内容は意外とうそが多い。
情報も50年くらい遅れている。海外の種類研究者の間で日本の書籍が笑いものになっているという現状を誰も知らないのではないか。間違った情報は活字で見ると究極の真実として認識されるという恐ろしい現状。その事実を認識しながら日々勉強しなければいけない。真実を疑いながら裏づけを取っていく毎日。それが私達が一生の仕事として選んだこの道である。
裏づけを取るべき資料に目を通す。ジャンルがジャンルだけに資料も少ない。うーん・・・寝れない日々が続きそうだ・・・・
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-03-28 15:55

ブランデー強化月間

ブランデーを数種入荷します。
ル・クラブとしては久々のファンボア地区からやってきた「アイツ」の登場。以前はNo15,No30,No45としてリリースされていたものです。ピンと来た方はご注文を!

さて先ほどキャラメルを仕込みました。マンゴーとチョコレートのキャラメルです。今回の作り方ではあまりビターにはなりませんので、少し甘くて食べやすい仕上がりです
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-03-26 21:15

燻製完了

ナッツの燻製を終えました。今まで桜のチップを使っていたのですが、今回はヒッコリーを使ってみました。
野生的な味で、あたかも川魚を食べているような気分になってしまいます。
好き嫌いが分かれるところでしょうね。個性はあるので面白いと思います。

本日仕込んだYAMAチョコレートは
「ホワイトチョコレートと生姜とココナッツ」のチョコレートです。
さて口の中でどんな味わいになるのでしょうか?

次回作品はキャラメル・ショコラです。今まではジャンポールエヴァン氏のレシピどおり作っていたのですが、今回は別の方法(こちらのほうがルクラブライクな手順です)で試します。シンプルにキャラメルとチョコレートだけで仕上げるか、ベリー系のものと合わせるか悩んでいます。
決まり次第アップします。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-03-25 21:18

本日のお勧め

やはり濃厚な味わいの「せとか」が人気です。
少し酸味が欲しい方はデコポンをお勧めしています。
そろそろ清見が入る予定です。

本日「マンゴーとショコラのギモーヴ」が完成しました。
ギモーヴとはマシュマロのこと(厳密に言ったら違うとのことです)。
ほんのりマンゴー風味のギモーヴにヴァローナのカカオをまぶした甘さ控えめの一品です。


本日のシャンパーニュはRMでもなくNMでもない「あいつ」の登場!トーストのような香りが特徴でスッキリタイプのMAです。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-03-24 19:50

今日は祝日ですが営業していますよ

ただいま岩茶(がんちゃ)のチョコレートを仕込みました
中国の「武夷(ぶい)山」で採れる茶葉を使用しており、とても薫り高いのが特徴。
目黒にある「岩茶房」は僕がとても信頼しているサロンです。岩茶はここから仕入れしておりますが、他の中国茶専門店と比べ物にならないくらいパワフルです。
岩茶は「岩茶房」、台湾茶は大阪の「清水一芳園」で決まりです!コストは他のお店に比べてかなり高くつきますが(お茶とは思えないくらいのお値段です・・・)これを味わうと他のお茶が薄っぺらく感じますし、何しろ最近叫ばれている中国の食の安全性に関しても安心なのです。
このお茶の旨みだけを上手くうつしとるのが僕の仕事です。数時間固めて切り分けます。仕上がりが楽しみです。

念願のトイレットペーパー入荷!
f0014379_18342589.jpg

赤と黒ですよ!かっこいい!
ポルトガルからやってきたrenova 社のトイレットペーパーです。
うちの黒い便器のようにこれを日常使用することによって、毎日の健康チェックはできませんが、インパクト重視ということで。。。。
常備しているわけではありませんがメタルスライムのようにたまにお店に出没します。
パッケージもかっこいいのでサプライズ的なプレゼントに有効な気がしますね!
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-03-20 18:35

ラストinoスタンディング

当店でずっと従事してきた井上卓氏が諸事情により実家の兵庫県姫路市に帰ることになりました。
今週の金(3月21日)、土(3月22日)が最後の出勤です。
お疲れ様でした。最後の勇士、最後のカクテル、最後の無空波を見たい方は是非お立ち寄りください。そしてお声を掛けてあげてください。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-03-20 11:52

来週は

「トマトとバジル」のチョコレートを仕込む予定です!
アンリ・ルルーの名作「トマトバジリック」に自分なりの解釈で挑みます!
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-03-15 17:59

ナポレオン・ボナパルトの名言

女性をこよなく愛し、そしてシャンパーニュを愛飲したナポレオンは英雄に相応しい名言を残しています。
「シャンパーニュは戦いに勝った時は飲む価値があり、負けたときには飲む必要がある。」

ナポレオン軍は遠征の前に必ずシャンパーニュの地に立ち寄り、大量のシャンパンを購入して戦地に赴き、戦いの前にシャンパンを飲んだと言われています。その結果はご存知の通り、連戦連勝。冬将軍に敗れたロシア遠征では、その時だけうっかりアルザスでワインを調達してしまったと・・・その結果惨敗・・・・というのはシャンパーニュ地方の人々の語り草になっているようです。

「ナポレオン」という名前のシャンパーニュもあります。(コニャックやフレンチブランデーではよくあるのでありがたみに欠けますが)日本に上陸してあまり日が経っていないのですが、シャトーの歴史は古く、1825年に設立。このナポレオンという名称のシャンパーニュが誕生したのが1907年。本国フランスでは、数々の賞を受賞している実力派です。まだ試飲していないのですが近日中に試してみたい一本です。

やはりシャンパーニュはお祝いのときに飲むイメージが強いようですが、日常頑張っている自分へのご褒美、はたまた外食時、非日常を味わうアイテムとして楽しんでいただけたらなと思っています。
f0014379_17513014.jpg

これがナポレオンが愛用していたグラスです。さすがにこのようなグラスは置いていませんが、当店ではロブマイヤー、バカラ、シュピゲラウ、リーデルなどのシャンパーニュグラスを用意して皆様をお待ちしております。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-03-15 17:52

ワイン入荷。

グラスワインの大敵であるオールドヴィンテージワインを数種入荷。気分が乗れば開封します。

渾身の「せとか」が入荷しました。
そのまま食べてもよし、お酒を割ってもよし。
僕の中ではNo1柑橘です。

本日の山口チョコレートは
マンゴーと山椒のチョコレートです。ニューウェーブな味わいを楽しんでください。

「大人の山陰、瀬戸内、四国」のP85にル・クラブ及び私が写っています。ちょっと悪そうに写っています。なぜが手品についても触れていました。店内写真は艶っぽく写って満足です。書店でご覧ください!
[PR]
by leclub-matsuyama | 2008-03-14 00:16