<   2009年 05月 ( 44 )   > この月の画像一覧

今週は新メニュー開発の週でした。

頑張りました。燃え尽きました。でも来週も燃えます。どうぞよろしくお願いします。
6月は自分にテーマを決めて頑張ります。そしてもっと勉強します。バンドも辞めて髪も黒く染めます。就職もします。よろしくお願いします。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2009-05-31 02:17

思うこと

「アタシの友達に似てる~」って向こうは盛り上がるがこっちはどうリアクションしていいかわからない
[PR]
by leclub-matsuyama | 2009-05-31 02:13

本日の仕込み

アスパラ二種、ズッキーニ、カボチャなどを仕込みました。アーティチョークも月曜日に仕込みます。
ついにヒョードルVSジョシュバーネット決まりました。うおお見てえ!
[PR]
by leclub-matsuyama | 2009-05-31 02:08

思うこと

そんなに速く連打したところで、信号は早く変わらなければエレベーターも早く来ない
[PR]
by leclub-matsuyama | 2009-05-30 02:12

逆に才能である

あれほどフランス人を怒らせることに長けた人はいないね
[PR]
by leclub-matsuyama | 2009-05-29 17:01

先ほど

仕込みを早めに終えてシャンパーニュ「ボーモンデクレイエール」の試飲会に行ってきました。
CMで個性あるほうなので当店でもたまに扱っていました。飲んだことがある方も多いのでは?
うちのお店ではNVとブランドブランミレジムをグラスで出していましたがブランノワールとロゼは初めて飲みます。
NV、ブランドブラン共に時間の経過には弱かったですが、樽をまといながらもブランドブランはきっちり作ってますね。というか出落ちのような感じでしたが初めの印象はとても気に入りました。ケースで買おうっと。
ブランノワールはやはり最初の説明の通りピノの骨格が強く、時間が経ってもそのまま形をとどめていましたね。
テイスティングだったので四種同一のグラスでの試飲でしたが、ブランノワールはあのグラスじゃもったいない。バルーンでこそそのポテンシャルを発揮できると確信しました。逆にブランドブランはフルート型のほうがいいなぁと再認識。うちのお店もこの手の酒質の時はこっちにしようと思いました。いい勉強だ。質問コーナーで一番最後に「ラタフィアとマール」についての質問をしていた好青年がいましたが、その前の質問者のあまりにも礼を欠いた態度のせいでその彼まで悪者になっていました。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2009-05-29 17:00

例えるならば

例えばの話。アイドルの握手会&サイン会があったとしよう。ファンからの質問で「恋人はいますか?」などの質問が出るだろう。それに対してのアイドルのコメント。「ファンのみんなが恋人です」という模範回答が出るであろう。しかしそのような和やかな場で「年齢詐称していませんか?」「顔のどこを整形しましたか?」と聞くような空気を読めない人は即刻退場であることは明確だ。

どことは言えないがつい先ほどそのような場に出くわした。ちなみに僕がアイドルのサイン会に行ったわけではないので、そこはお間違いのないように。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2009-05-29 16:58

本日の試飲&仕込み

ベルギービールは専用のグラスで!という常識をあえて破り、ブロンシュドブリュッセルをマイケルジャクソンのサマーグラスで。めちゃめちゃ旨いじゃないですか!桜桃そのものの味が爆発します。「これは!」と思いオルヴァルをマイケルジャクソンのスニフターで。アンモニア臭が強調されました。こりゃだめですね。
でも個人的にグラスはともかくキンキンに冷えたトリプルとゴールデンエールはしんどいですねぇ・・・・

金曜日はシャンパーニュのコーポラティブM「ボーモンデクレイエール」のセミナーです。普段仕込みでお店にいる時間に開催されるので早めに仕込みを終わらせてから行きます。なかなかこの田舎ではこういう機会はないのでいい時間にしたいと思います。シャンパーニュに関してもいろいろ分からないことも多いのでこのチャンスに明確にしたいです。普段は川に平べったい石を投げながらじゃないと話せない僕ですが、恥ずかしさを捨てて質問できたらいいと思います。

tooruチョコレートが出来上がりました。ジャスミンのチョコレートのようです。

今、カクテル以外のことでいろいろな試みをしています。楽しいですが感じたのは己の未熟さと浅はかさ。やはりやればやるほどその分野で当たり前のようにやっている方々が遠く見える一方ですね。だから面白いんです。中途半端なものは出すつもりは更々ありませんよ。でも当然本物のその世界のプロのようにはいかないのですが自分ができる最大限をぶつけたらそれでいいのです。知識、経験はありませんが僕には想像力があります。その道のプロだろうと僕の頭の中までは想像つかないと思いますのでそこを武器にしたいと思います。
本業はバーテンダーですが、今回のことでカクテルメイクや心構えに関して気付きがありました。さて今ひらめいたアイデアでチョコレートを仕込もうと思います。が、しかし冷蔵庫を探しても材料の生クリームがない!この国には夢も希望もあったもんじゃない。諦めてトイレ掃除をします。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2009-05-28 03:42

試飲&試食

オルヴァル修道院のチーズが入ったので試しています。オルヴァルウォッシュです。あまり強い個性はなく穏やかでした。比較としてシメイのスクールモン修道院のチーズも食べました。アミノ酸がイイ感じに出て美味しい。
あしたは早起きして仕込み。今まで封印していたものに再チャレンジします。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2009-05-27 03:42

思うこと

アイラじゃなく「アイレイください」と言われると「お!昔から飲み倒しているな!」と勝手に想像してしまいます。僕だけかもしれませんが。
が「アイリッシュください」と言われると「もしかしてこのお客さん、アイラとアイリッシュ間違えてないかなぁ・・」と勘繰ってしまいます。
ホント、多いんですよ。「アイリッシュください。おまかせ」って言われて出したら「あれ?これ全然臭くないよ。いつもはボウモアとか飲んでるんだけど。」と言われます。「アイラ=スコットランドのアイラ島産ウイスキー」「アイリッシュ=アイルランド産ウイスキー」ですよ。この仕事してたら「お客様に恥をかかせない」ってのがよく言われる言葉なんですけど、やっぱお酒の知識の間違いって訂正したいですし、何にせよそのお客さんがこの先ずっと恥をかくことになりますからね。訂正してあげたいなぁ・・・・でも意外にタイミング難しいんですよねぇ。

「アイリッシュください、クセの強いの。」このオーダー、アイラとアイリッシュ間違えてるんですよね。でもごくたまに話を進めてみるとカネマラのヘビーピートのことを言っていたり・・・・やっぱ勝手に決めつけてはいけませんねぇ。
[PR]
by leclub-matsuyama | 2009-05-26 20:26