最近読んだ本に書いてあったことで、心に引っかかっていることなど書いてみようかな

宇多田ヒカル
美空ひばり
リンカーン

以上の人に共通する事柄はなんでしょう?

それは「1/fゆらぎ」の声を発する人であることです。この声を持つ人は何万人に一人と言われています。さて・・・

「1/f (エフぶんのいち)ゆらぎ」という言葉をご存知でしょうか?
いわゆる自然界に存在するそよ風や虫の音、心臓の音、ろうそくの炎など「心地よいゆらぎ」が「1/fゆらぎ」だそうです。また、人の心拍の間隔、クラシック音楽、手作りのものなども「1/fゆらぎ」になっていることが発見されています。
この「1/fゆらぎ」とは一言で言うと規則正しさと不規則さが丁度よいバランスで調和したパターンの事を指します。「1/fゆらぎ」は音楽でいうとラジオのノイズの「ザー」という音と、メトロノームの規則正しい音とのちょうど中間にあたり、不規則さと規則正しさがちょうどいい具合に調和している状態なのです。

わかりやすい例えをあげます。
「波の音」。
ざっぱ~んと打ち寄せる波の音。決して等間隔ではありませんね。なぜか聞いていると心地良いです。海をずーっと見ていても飽きません。
「ろうそくの炎」。ゆらぎは一定ではありません。見つめているとなぜか落ち着きますね。

人間はこの法則にしたがっているようで、同じこの法則に従ったものにはやすらぎを感じるようです。焚き火の炎の強弱、海岸の波の強弱はこの1/fゆらぎにしたがっているから、心が安らぎ、いつまでも見ていたり、聞いていたりしても、飽きることがないのです。

最近はこのゆらぎを使った商品が開発されているようで、エアコンなどの電化製品などにも採用されているようです。

さて、僕が読んだ本にはある質問が書いてありました

『あなたにとっての「1/fゆらぎ」は何ですか?』

この本は自分自身に質問をするという趣旨の本で、自分自身を見失わず自分自身を再発見することが目的の本です。わりと売れているようですが、その中にさっきの質問がありました。


さて・・・なんだろう・・・真剣に考えてしまいました。「悩み事があると海を見に行く」という人がいるかと思いますが、僕は行かない・・・・アロマキャンドルも焚かない・・・・美空ひばりも宇多田も自ら聴かない・・・・・大好きなハードロック!?聴くとスキッとするけど「1/fゆらぎ」とは程遠いと思う・・・クラシック!?毎日お店で12時間以上聴いている・・・・最近サッカーの宮本に似ているとよく言われる・・・

僕にはこの答えがない。無いのか気づかないのか・・・・どうなんでしょう・・・・

『あなたにとっての「1/fゆらぎ」は何ですか?』
f0014379_23529.jpg

[PR]
by leclub-matsuyama | 2006-03-01 02:03
<< ルクラブのコースター inoが行く >>