人気ブログランキング |

2008年 10月 09日 ( 2 )

以前ここでお伝えしたニュースの続きがありました

以前「ジミヘンを聞くと赤ワインがおいしくなる」という研究をしている大学があるとここで書きましたがその続きがあったようです。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
【5月18日 AFP】音楽はワインの風味に影響を与える。それは銘柄によっても異なり、例えばカベルネソーヴィニヨンにはロック系、シラーの2006年ものにはオペラが合う。英スコットランド・エディンバラのヘリオット・ワット大学の心理学者らによるこうした研究結果が14日のワインアンドスピリット紙に発表された。

- カベルネソーヴィニヨン:
ジミ・ヘンドリックスの『All Along the Watchtower』
ローリング・ストーンズの『Honky Tonk Woman』
ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の『007死ぬのは奴らだ(Live And Let Die)』
ザ・フー(The Who)の『無法の世界(Won’t Get Fooled Again)』

- シャルドネ:
ブロンディー(Blondie)の『銀河のアトミック(Atomic)』
ロビー・ウィリアムス(Robbie Williams)の『Rock DJ』
ティナ・ターナー(Tina Turner)の『愛の魔力(What's Love Got to do With It)』
カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)の『スピニング・アラウンド(Spinning Around)』 

- シラー:
プッチーニ作曲の『誰も寝てはならぬ(Nessun Dorma)』
エンヤ(Enya)の『オリノコ・フロウ(Orinoco Flow)』
バンゲリス(Vangelis)の『炎のランナー(Chariots of Fire)』
ヨハン・パッヘルベル(Johann Pachelbel)の『カノン(Canon)』

- メルロー:
オーティス・レディング(Otis Redding)の『Sitting On The Dock Of The Bay』
ライオネル・リッチー(Lionel Richie)の『Easy』
エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy)の『Over The Rainbow』
ホセ・ゴンザレス(Jose Gonzalez)の『Heartbeats』

ワインアンドスピリット紙の編集者は、「ミシュランの5つ星レストランなども(ワインリストに加え)曲名リストを用意する日がいずれ来るかもしれない」と語る。

研究では、例えば「カルミナ・ブラーナ(Carmina Burana)」のような力強い曲を聴きながらカベルネソーヴィニヨンを飲んだ場合、音楽を全く聴かない場合と比べて「こく」が60%深まったように感じられるとの結果が出た。
/////////////////////////////////////////////////////

僕が全く聞かない曲ばかり・・・ちなみに文の最後にあるカルミナ・ブラーナ(Carmina Burana)はル・クラブオープンの19:00くらいにいつもかかっている曲です。19:00にルクラブ飛び込んでカベルネソーヴィニョンが品種の赤ワインを注文し、この曲を聴けばワインのコクが増すらしいです。

ま、どうでもいいですけど・・・・
by leclub-matsuyama | 2008-10-09 18:28

只今のカクテル

とうとう桃も終わってしまいました。白桃の時期はすでに終わってしまいましたが信州から届く桜桃も終わってしまいました。ということはもう今期の桃は終了。来季までお待ちください。
このところは梨、特に洋ナシがいいと思います。今はマリゲットマリーラ。そしておなじみラ・フランスが登場します。追熟が多少難儀ですので、いつもメニューにというわけにはいきません。バーテンダーと相談をしてからのオーダーとなりそうです。

そして新しいビールが登場。今までは小麦ビールはベルギーに一任していたのですがこれからは国産のものに切り替えます。わが故郷山口県のビール「ちょんまげウィート」です。
只今のカクテル_f0014379_17503864.jpg

by leclub-matsuyama | 2008-10-09 17:54